【タンパク質おやつ】1歳3ヶ月 食べむら対策に

こんにちは。

kohaku 1歳3ヶ月、現在食べているおやつをまとめました。

 

1歳3ヶ月の食事

手づかみ食べで、上手にスプーンやフォークを使って色々なものを食べられます。

その半面、好き嫌いもはっきりしているので、食べむらも多くなって来ました。

 

食べむらに対する対策

カラダの臓器・神経を作るために必要な栄養素を摂らせたいので

高たんぱく、高脂質、低糖質のmec食を意識して与えていますが、

最近は、食べるものが偏りがちです。

好きなもの

ぎょうざ、鳥もものから揚げ、手羽元、麻婆豆腐、ビーフシチュー、豆腐ハンバーグ、オムレツ、納豆、豆腐、ヨーグルト、トマト、とうもろこし、アボカド、スイカ、梨、桃、ぶどう、枝豆、ごはん、チヂミ、漬物

 

嫌いなもの

噛む必要があるもの(笑)

魚、脂身の少ないお肉、スティック野菜

 

食事以外のタイミングが狙い目??!

朝起きてすぐ、お昼前、おやつの時間、夕方お腹が空いた頃に、

パクっと食べられる・飲めるもの、且つ、摂らせたい栄養素が摂れるものを与えます。

食事では嫌がるものも、欲しがってモリモリ食べたりするんです!

これ、めちゃくちゃおススメです。

ごはんの時に食べられなくならないの??って声が聞こえて来そうですが、気にしません。

摂って欲しい栄養素のおやつなので、むしろ食べた方が良い。

 

おやつは、甘いものを与えることではなく、

食事では摂り切れない栄養を補うものです!!

決して、甘いものを与える必要はありません。

砂糖は、血糖値が急上昇し、また中毒性があり、また欲しくなって止められなくなるだけでなく

癇癪を起したり、落ち着きががなくなったり、血液も汚してカラダを糖化してしまいます。

 

甘さがあるものは、果物や手作りのお菓子しか与えたことはありません。

手作りのお菓子は、砂糖不使用。

かぼちゃやさつまいも等、野菜の甘さのみで作る時もあります。

甘味料を使う時は、kimamaclubさんのデーツシロップや、オーガニックココナッツシュガーを使いますが、入れても5~10g程度です。

 

ちなみに、普段の料理も砂糖不使用です。

(お酒とみりんで十分甘くなります。あとは出汁の旨味で十分です。)

 

私は、甘いものも時には食べますが、市販品はなるべく低GI値のものや自然の甘味料を使っているもの選んだり、自分が選んだ甘味料で作った手作りお菓子を食べます。

 

子どもは大人と同じだけの食事量を一度に食べられない

食事では食べられる量が限られるので、私は割り切って、こまめに与えちゃいます。

 

夕食の支度をしていると、足元に来てグズグズするような時も

あれ?眠いのかな~と思いきや

バターやチーズを与えてみると

喜んで食べて、楽しそうにどこかへ歩いて行くんです!!

(これ、かなりびっくりでした)

是非試してみてください!

 

 

意外にも、、、

「ママ、ママ~~~!」ではなく

「お腹空いた~~~!」だったりする時もあるかもしれません。

 

 

1歳3ヶ月のおやつは、こちらを食べています

国産あたりめ

 

チーズ

チーズは、添加物が入っているものが多いので、ご注意を!

セルロース、保存剤、乳化剤が入っていない「原材料:生乳、食塩のみ」のものを買います。

本当は、作ったらいいんですけどね。

生活クラブのノンホモ牛乳で、モッツァレラチーズが作れるみたいなので、今度挑戦してみま~す。

作り方はコチラ

以前も作ったんですが、温度計なしで、いつもの感覚で作ったら失敗したので・・・。

カッテージチーズも、発酵フードメーカーで簡単にできますよね。

 

アーラのカマンベールチーズ、クリームチーズをよく買います

 

明治、雪印の切れてるカマンベールチーズも、食べやすくて便利です

切れていないものを購入した時は、一口サイズに切ってタッパに入れておきます。

すぐに渡せて、パクっと食べられる!とっても便利です。

 

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは牧草だけを食べて育った牛のミルクを使用して作られたバター。
不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸が豊富で、オメガ6とのバランスが良いとされています。牧草牛はオメガ6より、オメガ3のが多く含まれています。
※通常のバターは飽和脂肪酸に分類されます。

赤ちゃんのエネルギー代謝は、糖ではなくケトン体がメインのため、脂質が必要です。特に、月齢が浅い時期は、カラダの神経系を作るために脂質を必要とします。

グラスフェッドバターは、離乳食としても与えやすくお料理にも使いやすく、ぴったりです。お塩(ぬちまーす)を付けると最高においしいですよ。

我が家では、5kgを購入し、1kg位ずつに切り分けて冷凍しています。使う時は、冷蔵庫に入れておいた後、サイコロ状にカットしてタッパーに入れておきます。

グラスフェッドバター
離乳食(補完食)についての考え方は、以下ブログにも書いてあります。
よかったらご覧ください。

【子育て】自然派育児 食べもの編
【授乳中のご飯と離乳食】生後5か月
【授乳中のご飯と離乳食】生後5か月② 12/6

ぬちまーす(塩)

ぬちまーすは、海水100%の沖縄本島中部 浜比嘉島の太平洋側の黒潮から汲み上げて、独自製法により作られた高ミネラルのお塩。
ミネラルが21種類も含まれており、マグネシウムは一般的な食塩の200倍も含まれているんです!
カリウムや亜鉛、食品で補うことができないとされているクロムやニッケルといった極微量のミネラルも含まれています。

バターにぬちまーすをかけて食べたりもします。めっちゃおいしいです!

 

ジャーキー

人が食べられる食材のみを使用した無添加のペットフード

人にも試食させてくれるので、食べてます💛

桜姫鶏ささみジャーキー

アンデスポーク ヒレ肉ジャーキー

 

市販の人用のジャーキーは、添加物まみれで買えません・・・。

作るしかないよ。以前、グリルで作りました!

我が家にはオーブンがないので。時間かかりますが、簡単につくれますよ~~!

 

 

 

kimamaclubさんのお菓子

カリッこげんまい

5年間 無科学肥料・無農薬で作られた有機玄米と水だけで作られたノンフライのお菓子

パクパク食べられます。しかも、たくさん入っている~!

私は、中にぬちまーすを入れてシャカシャカしてから与えてます。

ミネラルも補給にも!

 

ローストぴよこ豆

天日干し、添加物不使用 農薬化学肥料等不使用

体内で作ることのできない必須アミノ酸(9種類)が豊富なぴよこ豆を天日に干した後、低温でじっくりローストしました。酵素はそのまま生きています。

 

カット野菜

いつもは食べないゆで野菜も、食事以外のタイミングで渡すと、口に入れて食べたりします。

食事の時は、いろんなメニューの中から食べる物を自分で選択することになるけど、

食事以外の時は、選択肢がないから、抵抗がなくなるのか、食べたりします。

 

 

手作りおやつや手づかみ食べレシピはこちら

 

是非、食事以外の時間も、いろんなものを与えて、新しい一面を発見してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました